子育ての悩み

子どものやりたいを刺激!自分で身支度できるように成長する方法

ママさん
中々服を着てくれなくって

衣服の着脱が遅いことは子育ての悩みの1つですね。
大きくなっても中々時間がかかったりします

コーヒー
園児にも使用した着脱の促し方法をご紹介しますね

着脱の悩みを文字化する

ママさん
全然準備が進まなくて困っちゃう

衣服の着脱で悩む時は、何に困っているかまずは文字化して対策しましょう

文字化する意味ってあるの
オレンジ
コーヒー
大ありです

衣服の着脱は、そもそも着る気がないのか、1人ではまだ着れないため、時間がかかるのか、
着れるけど、時間がかかるのか等その子によって悩みが違うので、悩みを明確にし、
それに対しての援助をしていくと、やりやすいですよ。

では、どんな援助があるか、年齢別にご紹介します。
重複する所や、他年齢の援助でも、使えたりするので、参考にしてみてください

2歳児 衣服の着脱が出来るようになるまで

ママさん
イヤイヤ期も重なり全然着替えてくれない

イヤイヤ期は自分で着替えたがったり、着替えるの自体を嫌がったり
イヤイヤ時の参考案をご紹介しますね

自分で着たがる子にはスモールステップ作戦

赤ちゃん
じぶんで、きたいよ〜

自分で着たい時はとにかく簡単な服

夏ならズボンにTシャツ。秋ならロンTにズボン等簡単な服を用意しましょう
1人で着れるようになったら、1、2個ボタンがついている物などにしましょう

ポロシャツなど可愛いですが、ボタンははめにくいですし、何個もボタンがついていて
時間がかかります。

急いでいる時に限ってその服を選び、着たがるってこともありますよ
子どもが自分で着れるようになってからにしましょうね

コーヒー
ここで怖い話を1つ。
1歳担当した時にパジャマから服に着替える時。自分でやりたがる子がいました
その子の服にはボタンが4つ
保育園だから気がすむまでやらせれましたが
それが出かける前とかだったら‥怖いでしょ笑

簡単に着れそうな服でも、探せば可愛い服はいくらでもありますよ
ぜひ子どもが自分で着れるか考慮して買いましょう

大人と一緒におしゃれを楽しむプチプラ子供服「pairmanon(ペアマノン)」

コーヒー
ちなみにフード付きの服は自分で着にくいし、お友達が引っ張ると危険だからという理由で禁止の園もあるので、
保育園に行くのを考えている子はその辺も考慮して購入しましょう

服を着たくない子には、ノリノリ作戦

赤ちゃん
ふくなんか、きたくな〜い

なんで子どもって服イヤなでしょうね。

裸の時っていい表情してるよね
オレンジ

とはいえ、裸ではいられないですからね
こういう場合は乗り気にさせるのが一番です

作戦その1 服を自分で選ばせる

まずは服を選ばせましょう
「今日はどの服にしよっかな〜」とあえて声を大きくして選んでください

自分でやりたがりの2歳児は、選びたがるでしょう

もちろん、毎回効果があるとは言えないですが、
それでも自分で選ぶとやる気度があがりますよ

作戦その2 楽しいことで誘う

「服きたら○○しよっか」等と言葉をかけ、
楽しいことに誘いましょう

楽しい事が明確に分かるとやる気度もあがります
ただ誘うより断然効果がありますよ

3歳児 着脱が楽しくなるように誘ってみよう

3歳児になると可愛いだいぶ自分で着替えが出来るようになります

なので2歳児のように簡単な服を用意するだけでなく、
楽しくなるように働きかけた方が着替えは早いです

作戦その1 競争心をかきたてる

時には一緒に着替え、どっちが早いか競争するのも楽しいでしょう
ママやパパと真剣勝負!やる気心に火がついて頑張れますよ

勝ちたいお年頃なのでうまく勝たせてあげましょうね笑
ママやパパに勝てる!というのでやる気が出ますよ
コーヒー

毎回付き合うのも‥という場合は、
ママの食器洗いとどっちが先か!というのでしたら、
家事もはかどるしいいかもしれませんね

作戦その2 おだてさくせん

気分は服屋の店員です。
おだて、着てみたいと思うように褒めましょう

やる気がアップし、着ようと思いますよ♪

「着れたらパパに見せてあげよう」等人に見せるのも効果的
娘も嬉しそうに着て見せています

2歳児の作戦は3歳でも合っているので、ぜひ使ってみてくださいね(→2歳児イヤイヤ期の作戦を見る

4歳児 空想をうまく活かしましょう

5歳になると、段々空想と現実との区別がついてくるのですが、
4歳児は空想の世界に実際に住んでしまう素敵な年です

なので、空想を活かして促していくと早いでしょう。
好きなキャラクターみたいだね等促していくと
なりきって着てくれますよ

この頃になると、着れるので、技術的というより、気持ちの問題が大きいですからね
楽しくなるように促すのが大切です。
(→他の年齢の楽しくなる方法も見てみる

また、今何をするのか順番を伝え、明確に分かるようにすると
やれるようになると思います。

今は何をする時間なのか優先順位を伝えてあげましょう

5歳児 5歳でも急かされるのはプレッシャーです

自分で着れるようになったとはいえ、まだマイペースな子も多い5歳児
とはいえ5歳でも「早く」と急かされるのは嫌でしょうね。

大人だと時間を見ながら今急がないと間に合わないとわかりますが、
子どもはよく分かっていないです。

「早く」というより、時計を使い、「長い針が○のところにいくまで」など
目で見て分かるようにすると自分でも、急いだ方がとか分かります

年長担任時は、給食時間でもよく使っていました。
子どもが目で見て分かるので、「早く」と急かすより急いで食べていましたよ
コーヒー

小学校進級に向けても、少し時計に目を向けさせるのは大事だと思います

もちろん、5歳でも他の年齢同様着たい服を着せるのも大事ですね
子どもにとってのやる気があがる1番の方法は、楽しさを感じさせることです

「今日はどの服にしよっかな」と選ぶ服選びは、大人も子どもも楽しいですよ
子どもが着たくなるような服を用意してあげてくださいね

大人と一緒におしゃれを楽しむプチプラ子供服「pairmanon(ペアマノン)」

まとめ

いかがでしたか

今回は、イヤイヤがよくおこる衣服の着脱に重点を置いてみました
段々気持ちの面が大切になってきます。
やる気になるように言葉をかけてあげてくださいね

赤ちゃんの場合は、イヤというより、「動きたい」とか
服を着る事を分かっていないことも多いです。

今から服を着る事を伝え、赤ちゃんにも分かるように言葉をかけながら
脱ぎ着をしてあげましょうね

娘は0歳の時は、フィンランドベイビーボックスを中心に服を着せていました

ベイビーボックスの服は着せるのが簡単ですし、可愛いのでおすすめですよ

-子育ての悩み

Copyright© コーヒーブログ , 2021 All Rights Reserved.