遊びの紹介

子どもの足裏を刺激!運動ができる子に成長させる為に大事な事です!

ママさん
子どもが歩き始めたのですが、よく転ぶんですよ〜

歩き始めに転びやすい子っていますよね。
実は足裏反射がまだ残っているのですよ!

コーヒー
足裏反射が消えることで、足がしっかりつくので転ばなくなりますよ

今回は「足裏反射を消す必要性」をご紹介していきますね

 

足裏反射とは


コーヒー
足裏反射が残っているか確認します。足裏を押してみてください

あっ!足指がギュッとまるまった!
オレンジ
コーヒー
それが足裏反射です。これが残っていると転びやすいのです

想像して見てください。段々立つようになったり、よたよた歩いたりするようになりますよね。
その時に足裏反射が残っていると、勝手に指が縮こまってしまうので、転びやすくなるのです。
この状態で歩くのは大人でも、辛いですよね。
足裏反射が残っている子は、ハイハイの時でも、
足指を立てずに足の甲を滑らせるようにハイハイしたり、足裏がつく高バイができなかったりします。
足裏反射はいらない反射なので、早く消してしまいましょう。
足裏反射が消えると、しっかりと足が地面につきますので転びにくくなりますよ。

足裏反射を消すには


足裏反射を早く消すにはただひたすらモミモミと足裏をマッサージする事です

先ほどお話した通り、ハイハイの時点で足裏反射が残っているかどうかで、差が出てくるハイハイの仕方をします。
早いうちから足裏マッサージをし、足裏反射を消してあげましょう

お風呂後のクリームを塗るときや、抱っこしている時など、
いつでも大丈夫ですので、できる時はモミモミしてあげましょう。

足裏刺激が運動神経が良くなることにつながる!?


唯一地面に接している足裏を刺激することは、
身体全体の動きへの神経伝導が早くなることにも繋がるようです

足裏の感覚が研ぎ澄まされると、バランスが取れやすくなったり、踏ん張りがききやすくなったりします。

脳から1番離れた足がしっかり動かすことは大変なので、
足裏を刺激し、神経伝達を早くする必要性が分かりますね。

また、スポーツのほとんどが、足を使ったものが多いです。
足を器用に動かせる事が運動神経の向上につながります

日常的に刺激し、感覚を鋭くすることが大切です

足裏を刺激する方法

マッサージだけでなく、足裏を刺激する方法として1番なのは裸足で生活することです。

砂や芝生等色々な場所で歩くのも大切ですね

コーヒー
外を歩かせる時は、危険物がないか注意してくださいね

足裏が敏感なの子は嫌がるので、少しずつ慣らしていきましょう。

脱がして嫌がる子は無理にさせず、
遊ぶ前などに脱がして一緒に遊んであげると、楽しい遊びで忘れ、気にならなくなると思いますよ

沢山足裏を刺激していきましょう。

まとめ

いかがでしたか

運動能力を向上させるには、神経の発達が著しい5〜6歳までに足裏を刺激するのが大切です。

保育園や幼稚園で裸足保育が推奨する1つの理由がこれです。

足裏が敏感な子は、素足になるのを嫌がります。

小さい頃から足裏をしっかりマッサージして足裏反射を消し、刺激に慣らせ、運動神経の向上を目指しましょう

-遊びの紹介

Copyright© コーヒーブログ , 2021 All Rights Reserved.