遊びの紹介

【体験談】砂場遊びをお家遊びでも簡単に!ベランダで砂場作りの仕方

娘を0歳の時から自然物を抵抗なく遊べるように過ごしてきたつもりでしたが、
1歳になると砂遊びを嫌がるようになってしまいました。

コーヒー
砂を触るどころか、砂がついたおもちゃでさえ触れません。

これは一大事と家で砂場を作ることを決めました

コーヒー
あの時は大変だったな〜砂が手についただけで大号泣だもん

手にすなついた〜(泣)!!
ベビー

家に砂場を作ってから1年ほどたったので、使用感をレビューしてみたいと思います
この記事を読むのにおすすめな人

    • 子どもと家での遊びに悩んでいる人
    • 外の砂場であまり遊ばせたくない人
    • 砂場を家に作ろうと考えている人
    • ベランダを有効利用したい人

最初に遊ぶようになったきっかけは子どもの砂嫌いを治す為でしたが、
このコロナの影響で外に出れないようになり、気分転換の場所にもなりました。

人が少ない場所に散歩には出かけていましたが、毎日外に出るのは大変です

子どもの様子や天気が悪い日もありますしね
コーヒー

毎日2人で外に出かけても、友達に会えないので、
子どももつまらないと思うのか、以前より外遊びをしたがらなくなりました。

とはいえずっと家では息が詰まってしまいます
そこで活躍するのがベランダの砂あそびでした

荷物を持っていく必要もないですし、人の目も気にすることなく遊べます。

マスクもしません笑
コーヒー

それに日光に当たるのも大事です。
骨を丈夫にしてくれます。

日光に当たることの大切さはこちらの記事で書いています

是非大人も一緒に砂遊びを楽しんでくださいね。
砂をさわるのは大人にとっても癒し効果がありますよ。

特にこれから暑い時期は冷んやりした砂を触るのはとても気持ちいいと思いますよ

砂場を作る為に必要な物


砂場を作るのは簡単です

  • ケース
  • シート
  • 砂場用の掃除道具

とこの4つです。
ベランダで砂遊びをすると多少は飛び散るので、掃除道具を用意しておくといいでしょう。
100均にも売ってますので、新品なものをおすすめします。

おすすめ理由は散った砂の再利用です。
私は汚れてしまったのは捨ててしまっていますが、
これは綺麗ではないだろうかと思うような場合は戻しています。
(2歳になってからですが)

ですが、遊ぶ物なので、できればベランダ用に用意してある箒ではなく、
砂場用に用意しておくといいかなと思います

砂を入れるケースとシートを用意しましょう

砂を入れるケースはピンからキリまであります。
まずはピンの砂のケースをご紹介

こちらのケースは組み立て式ですが、簡単で可愛く遊べそう。
この砂場ケースのいいところは座る場所があることです。

大人も座りながらのんびりと楽しむ事ができます。
続いてキリですね。

そう我が家は残念ながらキリのケースで遊んでいます。
100均で売っている衣装ケースに入れました。

しかしこの衣装ケースが中々いいのですよ。
蓋つきにしたので、虫や猫が入ることもありませんし、小さいのを2つにしたので、持ち運びも楽です。

私は普段はベランダの隅に片付けておいて砂場をしたい時に設置するようにしました。
小さかった為他の物で遊びたい時も邪魔になりませんでしたし、

洗濯物を干す時も蓋がしまってあるので、
気兼ねなく干す事ができました。

遊ぶ時もその時の気分によって場所移動が気軽にできます。

ケースを2つ並べて遊んだり、少し離して母と子で別々の砂で料理をつくり、見せあって遊んだこともありました。
娘は砂を運ぶのがブームの事があったので、ケースからケースまで砂を運んで遊ぶことをしていた時もありましたよ。

抗菌砂は最初はサラサラでしたが若干湿っている感じで配送されてきたので、最初は形が作れましたが
だんだん型はめ遊びは楽しめないぐらいサラサラになってしまいました。

そこで片方に水を入れて湿気らせて遊びましたが、ケースがカビることもなく遊んでいます。
衣装ケースは毎日使っているわけではありませんが、1年たっても問題なく使えています。

ちなみに耐久性を重視する場合このようなものもあります。

こちらは蓋はありませんが、耐久性があり長持ちしてくれそうです。

砂の飛び散りはシートが解決

砂場をベランダでする時に困るのは、砂の飛び散りですね
そこで活躍するのがビニールシートです。

厚目が良かったら、園芸用のシートでも可能です。
どちらも100均に売っています。

砂遊びをする前に砂場はここまでと砂で遊んでいい範囲を決めてあげると砂場の場所だけでやってくれます。

また中に入った場合、砂が衣服につきますよね
抗菌砂はサラサラしていますので、取れやすいです。

はらった砂は戻せば使えるので、シートの上で履くようにしましょう。
砂遊びで必要なのはもちろん砂ですね
砂は小さいお子さんでしたらこちらの砂をおすすめします

小さい子が使う砂なら抗菌砂がおすすめ

抗菌砂は字のごとく抗菌な砂なので、安心です。
砂場遊びで一番嫌なのは、猫の糞等があるかもしれない事ではないでしょうか。
衛生面気になりますよね。

家で管理しているので、安心です。
私は虫が苦手なのですが、蓋つきケースに入れてあるので虫が入ることもありません。
私は砂場で遊ぶより、リラックスして遊んでいます

抗菌砂の感触

抗菌砂はサラサラとして冷んやり冷たい感じのするものです
娘も気持ちいいのかすぐ中に入ります。
サラサラしていて気持ちいですが、形を作るのは不向きです


サラサラしすぎてたので、水を入れたのですが特に問題はありません。
ですが泥にはならず、湿った砂という感じになりました

2つのケースに分けて遊んでいるので、1つは砂1つは泥とする予定でしたがどちらも砂でした。
軽めの団子はできますが、泥団子はできませんね
ですが型はやりやすいです

コーヒー
一応言っておきますが砂場セットはちゃんと買いましたよ^^:
だけど、砂場セットの型はめより、食べ物の容器のが喜ぶんですよ。
石等を飾ったり、思いっきり壊して遊んでます

子どもが夢中で泥団子遊びができるおすすめな砂

大きい子だと、ちょっと抗菌砂だと形がしっかり作れないので、楽しさが半減しそうです。
もう口に入れることもないでしょうし、抗菌砂でなくてもいいと思います。

保育園の子達は泥団子作りをよくしていました。
大きくなれば大きくなるだけ夢中で作っていました。

以前勤めていた園で保育園の砂が抗菌砂な事があったのですが、
うまく泥団子が作れないので、土山を削って泥団子を子供たちが作っていたことがありました。

せっかくのオリジナルの砂です。
どうせなら泥団子作りに特化した砂はどうでしょう

もちろん、泥遊びは小さい子も大好き
泥っとした感触は砂とはまた違う楽しさがあります。
泥団子は手を刺激してくれるので、
特に2歳児はしっかり泥団子が作れるようになると
3歳児以降の製作等で大切となる手や手先を発達させてくれるので
器用に動かしやすくなりますよ

泥団子作りに適した土

砂遊びが終わった後の遊びも考えておきましょう

さぁ終わった!っという後はママは掃除タイムでもありますよね
片付けたい。場合によっては、掃いたりもしたいですよね。

その時、少し遊んでいてくれると、助かります。
近くで遊べるものでしたら、シャボン玉もいいですね

私が1番オススメするのは、お風呂場でお絵かきです。

もちろん、小さい子だと目が離せなかったりするので、そこは自分のお子さんの姿と相談して決めてください。
お風呂場のお絵かきにはこちらを使います

これも100均です
ちなみにもう1つ違う種類があるのですが、
そちらは色が薄いのでこちらのが色が映えて子どもは夢中で遊んでいます。

私が片付けている間娘は座ってお風呂の壁や風呂釜にお絵かきをしています。
娘がいない方がザッと手際よく片付けれるので、目を離す時間は少ないです。
そのまま体に残った砂を洗い流せますし、さっぱり綺麗になるのでおすすめですよ。

砂にさわれなかった子の嬉しい変化

最後に娘の様子です。

最初にお話したように、娘は最初砂場に入るのも嫌でしたし、
砂が手につくだけで癇癪を起こしていました。

ですが、砂場を家でするようになったら
段々興味が出てきたようで、さわれるようになりました。

手を砂の中に隠して遊ぶことを楽しむようにもなりました
砂の上素足で歩けるようになったのは嬉しかったです
(裸足子育て推奨派なので^^)


この写っている足は娘です。
砂がついた砂場道具さえさわれなかった子がここまで変われ、中で遊ぶことを楽しむようになりました。

砂で遊ぶ事は感受性を豊かにしてくれますし、
砂をいじることで手や脳を刺激し、発達にもつながります
おすすめですよ

まとめ

いかがでしたか

砂遊びの魅力に気付いたでしょうか
娘はすっかり砂遊びにはまってしまい、砂場を出すともう夢中!

字のごとく、はまって遊んでいます。
まだ娘は抗菌砂の湿った土は経験があるのですが
泥はありません。
購入し、泥の経験をさせたいのですが、まだ2歳児なので遊びが違う方向に行くことも想像できます。
そうなるとベランダではちょっと考えちゃいます。

やるならダイナミックにやらせてあげたいし。
今は検討中です(ーー;)
こういう時一戸建てが羨ましいです

最後になぜ、ここまで砂遊びにこだわったのか

それは、手や指先を刺激する砂遊びを経験させたかったからです。
手や指先を沢山使うと、脳への刺激にもなるんです。

今は外遊びが楽しい時期です。
しっかり遊んで刺激させていきましょう

-遊びの紹介

Copyright© コーヒーブログ , 2021 All Rights Reserved.