子育てグッズ

元保育士がおすすめする絵本〜0歳の子どもたちに人気だった絵本を紹介します〜

室内遊びでよく遊ぶものは絵本ですね
絵本の時間はママと子どもを繋げてくれる素敵な時間です。
まだ言葉が出ない0歳児の赤ちゃんでも絵本が大好き。

妊娠中のママや生まれたばかりの新生児のママは驚くかもしれませんが、
0歳でもすぐ読んでアピールするようになるんですよ。
子どもの成長は早いのです。
でも、絵本といってもどれがいいのか悩んでしまうくらい沢山の絵本がありますよね
今回はどんな絵本がおすすめなのか紹介していきますね


絵本はいつからがいいのか

絵本はいつからかとかは特にありません。

私は首が座っていない娘にも読んであげていましたし、
園の2ヶ月の子達にも見せていました。

最初は楽しいのか不安になるかもしれません。
ですが、無反応だったとしても、繰り返し読んであげてください。
最初は見ているだけだったのが、段々反応したり、笑うようになったり、本の言葉を真似したりします。
絵本は感情を豊かにしてくれる効果があるんですよ。

言葉を話すようになったら、自分でも読むようになります
1才になると言葉が増えてくるのですが、絵本が好きな子は言葉の発達が早いです
1歳児ですでに2語文、3語文話したり、言葉のやりとりが出来る子もいます

娘も0歳の時に読んでいた本を自分で読んだりもします
子どもは成長が早いですが経験もひつようです。
成長はつながっているといわれています。
娘も0歳の時は反応がなかったので、成長するには経験も大事だと改めて実感しました


絵本を読むメリット

絵本は保育園でもよく読まれます
絵本を何故読むのかオススメなのか
理由は、

  • 情緒の安定につながる

    これが一番ですね
    絵本を読んであげることで、関係が深まっていきます
    園でも子どもたちとの信頼関係を築くために本を読んであげます。
    1対1のゆったりとした時間は信頼関係を育むのに大切だからです。
    絵本は親しんだ人の声だと、気持ちがさらに安定していきます。
    ママの声は1番心に響く子供にとって落ち着ける声です
    赤ちゃんは生まれたばかりでも、むしろ生まれる前から分かっています
    ぜひママの声で沢山読んであげてください。
    また最近では仕事が忙しくてパパとの時間が少なく、
    パパと遊ぶと泣いてしまう子もいるということも聞きます。
    そんな時も絵本が大活躍!子どもとの関係を築いてくれますよ。
    最近関わってあげれてないなという時はぜひ読んであげてください。
    パパでも安心してくれるようになりますよ。
  • 言葉の発達につながっていく

    つぎに言葉が発達を促すのにも絵本は最適です
    0歳児の場合、オノマトペである擬音語が沢山出てくる絵本が大好きです
    まだうまく話せなくてもジーッと絵本を興味がありそうに見たり、真似したりしますよ絵本を沢山読んであげると言葉の発達が早いと言われています。
    私も保育士の時は、言葉が遅いなと思う子には絵本を沢山読んであげていました。
    絵本でやりとりをすることで、言葉数を増やしたり、話そうという意欲を持たせたりする為です。
    娘の言葉の成長が早いのは、絵本を沢山読んであげていたのも良かったのではないかと思っています。

絵本のオススメ読み聞かせの仕方

膝にいれ、子どもの体温を感じながら読む絵本の時間はママにとっても至福な癒しの時間ではないでしょうか。
私も一緒に読むあの時間が大好きです
ですが、もう1つオススメがあるのです

それは保育士のように対面になり、絵本を読んであげることです

そうするとお互いの顔がよく見えます。
ママは子どもの絵本に目を輝かせ喜んでいる姿が見え、楽しいですよ
成長にも気づきやすいです。
子どももママの姿が見え、安心できます

ママの姿が見えるだけで安心するというのは、後の後追いや人見知りにも関わっていきます。
つまりママのそばにくっついてなくても、ママが見えているだけで安心して遊べるのです。

月齢によって激しさはありますが、後追いや人見知りがでてきます
特に0歳の時は、人見知りが激しいと、外でうまく遊べず、ママのそばにいて離れられない子もいます。
ママの姿が見えれば安心という関係をつくっておくと、児童館など支援センターに行った時に、
ママのそばから離れられないということが少ないと思いますよ

是非、対面式の絵本の読み方も試してみてください

0歳児の子ども達が本当に好きだったオススメな絵本

ではさっそく本題の絵本についてご紹介していきます

0才はオノマトペが入った絵本が人気です

「もこもこ」

これは擬音語だけの本です
言葉も少ないので、0歳の子は大好き
絶妙な色使いで目がいきやすく子ども達は真剣でした

擬音語ですが感情が入れやすい言葉も入っていますので、
読み聞かせしやすいかと思います
時々(これは男の子の中に多いのですが)ヒットし繰り返しなんども読んでいる子もいました

「じゃあじゃあ びりびり」


じゃあじゃあびりびり 改訂 (まついのりこのあかちゃんのほん) [ まつい のりこ ]

これもおのまとぺで人気があります
0歳児は自分でめくるようになります
子どものめくるスピードに合わせて読んであげると、とても喜んでいました
高速で読んであげる等変化をつけてあげるとまた違った楽しさで、笑っている子もいましたよ

「だるまさんシリーズ」

だるまさんシリーズ「が・の・と」(3点セット) [ かがくいひろし ]

だるまさんシリーズには、だるまさん と の が と3種類のシリーズがあり、
どれも違った魅了がありますね
だるまさん が ではだるまさんの動きを真似してくれます
どてっ倒れる姿は可愛いですよ。
だるまさん の では出てくる体の部位を触れたり、絵本に触ったりしています。

だるまさん と では、だるまさんやくだもの達の動きを親子で真似っこできて楽しいですよ。

「おしくらまんじゅう・おふとんかけたら」

おしくら・まんじゅう [ かがくいひろし ]


おふとんかけたら [ かがくいひろし ]

だるまさん同様 かがくい ひろしさんが書かれた絵本です
優しいタッチで私も好きです
おしくらまんじゅうでは、最初は見ているだけだった子が、
泣いちゃったおまんじゅうをなでなでしてあげたり、
おばけと一緒におまんじゅうを食べちゃったりする姿がかわいかったです。

おふとんかけたらでは小さなありさんがお布団をかけて寝るシーンがあるのですが、
「にっこりしてる〜」「ちいさくてみえない」という子ども達のつぶやきが可愛かったです

かがくいひろしさんの絵本は子どもが関心をもつように考えられた本ですね
4月の大泣きシーズンに読んでも、ピタッと泣き声が止まるくらい子ども達が魅了されていました。
保育士達でずっと絵本読んでいたいねと話すくらい一瞬の静かな雰囲気。
何度か助けられた本でもあります

おつきさまこんばんは

おつきさまこんばんは (福音館あかちゃんの絵本) [ 林明子 ]

まんまるおつきさまが出てきて、挨拶するだけなんですけどね
子供達は好きなんですよ

子どもが好きな月やネコが登場するのも魅力の1つですかね
釘付けになっています

しかけえほん

いないないばぁ

いないいないばぁあそび改訂版 (あかちゃんのあそびえほん) [ 木村裕一 ]

あかちゃんといえば、いないないばぁというくらい、いないないばぁが嫌いな子はいませんね
しかけ絵本にもなっているので、興味を持ちやすいようでよく見ていました。
特に低月齢時の0歳児が好きで笑って見ている子が多かったですよ。

「やさいさん」

やさいさん (Petit pooka) [ tupera tupera ]

色々な野菜がスッポーンと飛び出てきます。
色彩が鮮やかなので、絵本から目が話せない様子です

我が家では自分で読む絵本と、ママが読み聞かせするタイプと2つあります
これはママが読み聞かせする特別な絵本
園児達も見ていましたが、娘も特別感がありよく見ていました。
お家で読む場合こういった特別な絵本を用意すると普段と違う本だからと興味を持ったりしますよ。

保育園でも、保育士に興味をひきつけたい大事な時などで、
普段とは違った本を用意し読み聞かせることが多いです。
0歳児でも集中して絵本を見ていました。


うたえほん

「はらぺこあおむし」

はらぺこあおむし+CD絵本うたプレゼントパック

これは0歳絵本としては少し長いかもしれません。
ですが、これは実は歌絵本でして、歌があります。
この歌に合わせると、0歳でも見ていられます

娘は首が座る前から読んでいたので、0歳でも歌がなくても見ていました。

園児も最初は散ったりしていましたが、
歌絵本で見ていくうちに歌でなくても見ていられるようになりましたよ。

はらぺこあおむしは、CDがついているタイプの物や、ぬいぐるみがついている物もあります。
よく読まれる本なので、出産祝いとしてもおすすめな本ですよ。
「かばくん」

おーいかばくん CDつきえほん [ 中川 いつこ ]

これは中毒性がある歌ですね
とてもゆっくりだけど、リズミカルな歌なので、頭に残りやすいのか大人もつい口ずさんでしまう歌です
子供達も普段聞いているポップな歌とは違い、穏やかな歌がいいようで、よく耳を傾けていました。

これもCDがついていますので、歌を流して読むことができます。
歌絵本では歌を流すだけでなく、ぜひ一緒に歌ってくださいね。
ママが歌うと一緒に歌うようになりますよ。

ちなみに娘は今は自分が歌うのを聞いていて欲しいタイプなので歌わせてくれません笑


まとめ

いかがでしたか

今回は0歳の赤ちゃんだった頃の娘や園児達がよく持ってきた絵本をピックアップしてみました。

絵本は中毒性があり、この絵本達は色々な子にヒットし、毎日のように私のところに持ってきた絵本です
まだまだオススメな本は沢山ありますが、保育園の本の中でよく持ってきたのはこの本達でした

本当に毎日のように読んでいたので、これらの絵本でしたら、絵本がなくても読めます笑

今回は紹介記事の為たくさんの本を載せましたが全部買ってしまうと大変ですよね

中毒性もありますが、その時期ならではの本というのも絵本にはあります
その逆で、絵本はいつまでというのはなく、大人になっても好きな絵本もありますけどね。

今紹介した本は2、3年は好きな絵本(中にはもっと)ですが、それでも絵本はあまり購入したくない
とい家庭もあるかと思います。場所も取りますしね。

そんな時はママが気に入って読んで欲しいと思う本だけ購入し、後は図書館を利用するというのも1つの手ですよ

図書館を利用していると、段々自分でも本を選ぶようになります
そうすると、返したはずなのにまた子どもが選ぶというような無限ループな絵本が出てきます
返したはずなのに、、。そういう本だけ購入するというのも1つですよ

大人も子どもも落ち着いた気分になる絵本はオススメです
ぜひ室内遊びの1つとして取り入れてみてください

-子育てグッズ

Copyright© コーヒーブログ , 2021 All Rights Reserved.