子連れでおでかけ

2才を連れて子連れおすすめスポットマザー牧場に行ってきました

マザー牧場に行ってきました
マザー牧場は、自然物が豊富でゆったりと過ごせます。
手洗い場が様々な箇所にあり、きちんと石鹸も常備されていました
アルコールも各場所に設置されていたので安心でしたね

密になりそうな場所は、座れない場所が出来ていたり、
ショーの内容を変更し、密の回避をしていました。

マザー牧場を子連れにおすすめする理由

マザー牧場をおすすめする理由として

  • ゆったり子のペースで歩ける
  • 動物にふれる経験ができる
  • 食育にもなる果物狩りが経験できる

の3っつの理由があります
詳しくご紹介しますね

ゆったりと子のペースで歩ける

マザー牧場は、言葉の通り牧場で、歩く場所が沢山です。
バスも通っていますが、歩いて回る事もできます

自然物や動物を見ながらのんびり歩くのも、楽しいですよ。
時々通るバスやスタッフさんが移動する車以外ほとんど通らず、自転車も通りません。
タイミングが合えば、ほとんど人がいない道という事もありまえます

歩けるようになった子は、歩きたいけど、あちこちフラフラしたり、急に止まったり。
道路でそれをやられるとハラハラするでしょうね。
時には、歩かせる事すらできない事もあります

のんびり、子の歩きたいように歩かせ、子の発見に共感してみましょう
子どもが何か見つけるまで、ひたすら待つだけでいいのです。

必ず見つけ、足を止めます。
それを共感してあげましょう。
共感してもらえたというのは、伝える喜びを知る事になり、
もっと伝えたいとなります。
伝えるには言葉が必要なので、言葉の成長が促されることになります

子どもの気づきというのは、とても小さい事もあります

「立ち止まって真剣に見る」これなら分かりますが、
時にはチラッと見るだけだったり、
少し触るだけだったりと気付きにくいです。

しっかり子どもを見てあげ、共感してあげてくださいね

動物にふれる経験ができる


動物にふれることは衛生面で気になる方もいるかもしれませんが、
それ以上にいい事ばかりです

動物を触ることで、5感を刺激し、発達を促してくれます。
また情緒の安定にも動物はいいとされています

動物のふれあいでも共感が大事になっていきます。
共感してあげる事で情緒の安定した優しい子になっていくでしょう

また、マザー牧場では、動物の餌やり体験もできます
是非やってもらいたいのが、馬の餌やりです。

野菜嫌いなお子さんいませんか
馬の餌やりでは、人参をあげます。

この経験後、娘に人参をあげる時に「おうまさんが食べてた人参だよ」
とあげると食べます(もちろん毎回ではないですが)

ベビー
にんじんたべれるよ。おうまさんみたいでしょ

と、人参を食べていました

時には、人参を食べている馬の真似をしながら笑

ちなみに馬とのふれあいはガード用カバーもついていますので、
安心してあげられると思いますよ

食育にも果物狩りができる

今の時期だとブルーベリー狩りですね。時期によって違ってきます。
果物狩りは思った以上に刺激してくれます。

乳児期に必要なのは、食事をするのは楽しいという経験です。
大好きな果物を自分で取って食べるのは、食事の楽しさにつながりますよ。

大人も一緒に取って楽しんで食事をする楽しさを感じさせてあげて下さいね

子どもの食育にもなる!マザー牧場でブルーベリー摘みを体験

マザー牧場では今の時期はブルーベリー摘みを経験できます フルーツ狩りは、食育にもつながるんですよ。 具体的にどの辺がオレンジ コーヒースーパーで売られている果物 ...

続きを見る

 

まとめ

いかがでしたか

今回は、マザー牧場での経験がどうしていいのかを、
保育士の視点から少し詳しく掘り下げてみました

ただ自然物に触れるだけで、様々な経験をし、発達を促してくれますよ

マザー牧場に行ったら、是非乳搾りも経験してください
自分達が飲んでいる牛乳がどうやって出来るのか、子どもが実感できるのでおすすめですよ

マザー牧場に行ったら、最初に乳搾りをしよう

マザー牧場といえば、動物とのふれあいです。 様々な動物とふれあいが出来ますが、1番最初に行って欲しいのが、牛の乳搾り体験です ではなぜ最初に乳搾りをおすすめする ...

続きを見る

 

ちなみにマザー牧場には小さな遊園地もあります。
大人になったら、少し物足りない感がある遊園地ですが、
子どもなら十分楽しめますし、利用者が少ないので、あまり混んでなさそうな遊園地でしたよ

小学生の頃によくあったほとんど並ばずに
しかも子どもだけで何回も乗れた遊園地を思い出しました

-子連れでおでかけ

Copyright© コーヒーブログ , 2021 All Rights Reserved.