子育ての悩み

子どもにとって朝食は特に大切!その理由は?しっかり食べましょう

朝は控えている方もいるかと思いますが
しっかり朝食をとることはメリットだらけです

朝食の大切さをご紹介しますね

朝食の大切さ(朝食のメリットについて)

まずは朝食のメリットです。
メリットは、

  • 生活リズムがつきやすい
  • 朝からしっかり排泄できる
  • 仕事の効果アップ

とこの3つです

1つずつ詳しくお話しますね

生活リズムが整う


朝食を食べる事により、基礎代謝が上がり体が温まります
温まると活動がしやすくなるので、生活リズムを整えることにつながります
食べるのが苦手な方はまずスープ等から始めましょう。
体を温めてくれますし、スープなら忙しい朝でも手軽に食べれるのではないでしょうか
野菜をMotto!!国産厳選野菜スープ

これぞ腸活!朝からしっかり排泄出来る


やはり食べる事により、腸がうごき活性化されます(*)
また基礎代謝が上がる事により、排泄が促されていくのです

朝しっかり出すリズムが作られると自然と排泄したい気分になります
仕事前や妊娠中は便秘になりがちですが、リズムを作ると排泄しやすいです。

仕事の効率アップにつながる


脳の栄養である糖分が朝食を食べることで脳に働きかけれます。

また、体も温まり動きやすいので必然的に効率も上がっていると言われています
体を温める事は免疫力の向上にもなりますよ
しっかり食べ、病気に負けない体づくりをしましょう。

「必要」「必要ない」色々意見はあるけど子どもは別!朝ごはんの必要性

朝ごはんのメリットを述べましたが、専門家によっては、朝食べると過剰摂取になりやすいとか、
食べる方が便秘につながる等、意見が分かれています。
ですが、これは大人であって成長期の子どもは必要です

成長期の子どもが朝食をとる必要性


さきほどの朝食メリットでお話した通り、朝食を食べる事で、
生活リズムが整い、排泄もでき、勉強にも身が入ります。

また朝食を食べている子の方がイライラしている子が少ないというのが出ています。

実際保育士をしていて、やはりあまり食べてこなかったという子は、
お腹が空きイライラ怒りっぽくなっていた子もいました
これは小さい子でもそうです。

むしろ小さければ小さいほど、お腹がすくとイライラします
しっかり食べるようにしていきましょう

朝は品数多く食べよう


朝は、品数を多くしましょう。
数が多ければ多いほど脳への刺激になります

コーヒー
脳にはいいけど‥うん、考えただけで疲れがでます

朝に全部作るのは負担ですよね。
いつもの朝食より一品増やすようにしましょう
その一品は弁当や夕食の残りでもいいのです。

いつもの朝食に「なんだろ」と思う事で、脳への刺激にもなっていきます。

味覚を色々育てる時期ですが、
全部一から用意するのは負担ですからね。
無理なく進めていきましょう。

コーヒー
我が家の朝食は弁当の残りと、夕飯の残りです

どうりで最近弁当に野菜が沢山入ってると思ったら
オレンジ

コーヒー
これを機会にパパも食べなさい

食べてるよ‥(野菜嫌い)
オレンジ

専門家曰く、その料理は食べなくてもいいです
一品多く目に入れるだけでも違ってくるようです。

出していれば食べるかもしれませんしね
品数が多ければいいのです
夕食を少しでいいので残しておきましょう

子どもが食べなくてもイライラしたり落ち込まないで

とはいえ、中々食べない子も多いですよね。
娘も最初は全然食べれませんでした

我が家の対策として、朝オヤツは食事補助ができるような物にしました。

朝オヤツの内容として、例えば主食を食べなかった時はおにぎりやパン
またフルーツヨーグルトや好きな野菜(ブロッコリーやトマト)で対応していました

バナナは炭水化物の役割もしてるからおすすめです
安価ですしね。
冷凍フルーツやドライフルーツを入れるのも美味しいですよ

ベビーダノンは砂糖も入っていますの、あまりおすすめはしません

フルーツの甘さだけだと、大人は酸っぱさを感じるかもしれませんが、
意外と食べますよ!
バナナやブルーベリー等、甘みのあるものを入れてあげるのもおすすめです

コーヒー

乳製品だと他にはチーズ、カルシウムと煮干しもおやつに出した事があります

おやつはあくまで娘が好きなものです

それで調節できればと思って、朝ごはんは品数はあっても全体的に量は少なめです
(あまり多いと見ただけでお腹いっぱいになってしまう子だからです)

ですが、朝おやつを作るのが負担な生活スタイルな子もいるでしょう
その場合は、お腹が空いた時に、スナック類でなく、必ず食事になる物をあげましょう

食事の美味しさがわかると思います。

ここまで、食べれるようになるような工夫策をご紹介しましたが、
食べなければ仕方ありません

諦めましょう(^^:

子どもがご飯を食べたいという時期は、たいていきます
だけど、それがいつかは個人差です。

まだその時期ではないのかもしれません。
大切なのは楽しい食事時間を経験し、楽しく食べることです

食事の時間というのは中々大変ですが、
お互い頑張りましょうね

 

まとめ

いかがでしたか

洋食より、和食が好きな方はぜひ味噌汁も一緒に作ってください。
野菜が簡単にとれ、栄養もたっぷりですよ!

賛否両論ありますが、
私はしっかり食べた方が朝から活動出来ますし、食べた時の方が排泄にもつながっています。
子育ては体力勝負なところがありますし、食育の観点からも娘と一緒に食べるようにしています。

毎日作るのは、大変と思う方は時にはモーニングに出かけるのもおすすめです。

たまにはゆっくり食べてみましょう。
作らなくていいし、片付けなくていいので、ストレス解消にもなりますよ

また、保育園に通っている子どもの場合で朝が少なかったら、一言保育士にその事を伝えましょう

朝オヤツやお昼の時間や量を調節してくれるかと思います
また本来食べる子ならもしかしたら、体調が悪いのかもしれません
気にかけてもらえますよ

大人も子どもも、しっかり食べて元気に1日を過ごしましょう

-子育ての悩み

Copyright© コーヒーブログ , 2021 All Rights Reserved.